やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

新任キャリアコンサルタントの自己紹介〜キャリアの振り返り〜 後編

パソコンスクールでは職業訓練のパソコン講座も担当しました。

人前で話すのは苦手でしたが、受講生の方が試験に合格して喜ぶ姿などは私自身の励みにもなっていきました。

こどもたちも少しずつ手が離れ、もっと担当を増やしたい、そのためにはワードやエクセル以外の講座もできるようにならないと!と、たまたま開催していたネットショップ講座を受けに出かけました。

すると、その教室で常勤の職業訓練講師を探しているというのです。「私、やります!」思わず名乗りを上げました。

転職先では、訓練の講師以外に就職支援に携わる機会があったので、資格を取り、キャリアコンサルタントとなりました。また新しい研修の企画や運営なども行いました。

その過程で笑顔も含めたコミュニケーションスキルやビジネスマナー、事務業務など社会人としての基本を改めて学びました。のちに社員研修などエラソーに人材育成を担当しますが、まさに自分を育成するところからのスタートでした。40歳になってからのことです。

今回50歳を目前にして転職することになり、すぐに就活を始めました。仕事を続けたい気持ちは刷り込まれていますから。

ただ、相変わらずきちんと自分を掘り下げていない中での発進です。
ちょうど、NHK朝の連ドラ「べっぴんさん」では、子ども服ファミリアの創業者をモデルにした主人公が、好きなことをとことん追求し、仕事への信念を貫き通し、着実に夢を実現させていった姿を映していました。

自分が本当にやりたいことが未だはっきりせず、いつも浅はかで、とりあえず行動に移してしまう自分とは対照的な存在で、羨ましかった。

就職相談では自己理解が大事、なんて言っていますが…。いえ、大事です。そして、これが私のキャリア形成のしかたなのだと気づきはじめています。

なぜなら今回も不思議と自分にとっておもしろく感じる仕事に繋がりました。 幸運な出会いのおかげにほかなりません。
私の成長や前進を支えてくださっている周囲の方々には本当に、本当に、感謝です。

そんな私に自分で誇れる部分があるとすれば、「とにかく仕事をしていたい」強い思い、そして、「年齢に関係なく自分を変えられる」と、わりと肉食系で挑戦してきたことでしょうか。

今は「ニッコリ」も自然に出せていると思います(^o^)v

***

キャリアの描き方に正解や不正解はありません。 あなたにとって幸せなキャリアを歩くために、大切なことを一緒に考えてみませんか。


| 2017年04月26日 08:49:54 | スタッフブログ |


新任キャリアコンサルタントの自己紹介〜キャリアの振り返り〜 前編

これからの働き方を考えるとき、これまでを振り返ることも大事です。
今回はちょっと自己紹介もかねて、私のこれまでを振り返ってみます。(長くなるので2回に分けます^^;)

***

皆さんはこどもの頃、何を一番大事にするよう育てられましたか?
たいていの女の子は「優しい人に」「いつも笑顔で」と親御さんから言葉をかけられたのではないでしょうか。

ところが私の母は「女だってちゃんと学んでちゃんと仕事に就かないと!」と小学生の私に日々刷り込みました。

昭和ひとけた生まれの母は、時代や田舎の土地柄で大学進学が許されず、そのため仕事も夢が叶わず苦労したようです。その悔しい思いを娘たちにはさせたくなかったのでしょう。

はたして私は大学を出てコンピュータメーカーに就職しました。時は男女雇用機会均等法施行から数年、当時もてはやされた言葉「キャリアウーマン」を目指して。

ただ、残念なことに言葉だけに憧れて、どんな力を発揮して、どんなふうに活躍したいなど一切ありませんでした。

言い訳になりますが、まだキャリア教育などという言葉はなく、しかもバブル時代で就職も売り手市場、深く考えなくても就職が決まっていました。(バブル世代が皆こんなではありません、念のため。)

当時の仕事はコンピュータのLSI開発です。専門的な仕事だし、残業も毎晩遅くまで。バリバリキャリアウーマンのユメはどうやら叶ったようです。

その後二人の子を授かり育児休業を取りつつ仕事を続けますが、残業が当たり前の業界で両立が難しくなり12年で退職をしました。

母親になってからも続けられる仕事…学生時代に、そんなことは全く考えなかったことをこのときはじめて後悔します。

しかも、すぐに再就職活動を始めたものの、専門業務だけをこなして過ごした私にできる仕事はあまりに少なく呆然としました。

なんとかコンピュータ繋がりでパソコンスクールのインストラクター職に就きました。当時、子育てとの両立がしやすい非常勤雇用はありがたかったし、専門的な仕事であることも性に合っていました。

でも、技術職から一転、インストラクターは接客サービス業です。先輩インストラクターに「もっと笑顔が出せないものかしら〜」と指導を受ける日々。

そうです、笑顔が大事なんて一言も言われずに育った私は、どんなときでもお客様にニッコリ、などとできないのでした。(とほほ)

※次回に続きます。


| 2017年04月19日 08:55:28 | スタッフブログ |


新任キャリアコンサルタントとして仲間入りしました!

4月よりアルビスの女性キャリアコンサルタントとして加わりました。

社会の大きな流れの中で、女性の力がどんどん求められています。
活躍できる場がひろがっています。

女性が働くということが当たり前になっている今こそ、

「ワタシは何のために、何を大事に働くのか」を見つめることが大切です。

これまでを振り返り、これからの目標を立て、
それぞれの価値観で幸せなキャリアが築けるよう、応援してまいります。

ブログでは、主に女性のこれからの働き方を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


| 2017年04月14日 15:04:43 | スタッフブログ |


あなたの面接準備は大丈夫ですか? (行動・態度編)

キャリアコンサルタントから
転職・就職したいをしたい貴方への手紙

転職のヒント11

『経営者や面接官はここを見ている! あなたの面接準備は大丈夫ですか? (行動・態度編)』

前回は、自己考察のポイントをお話させていただきました。
今回は、相談に来られる方に対して、私が重点を置いて見ている行動・態度のポイントを下記に上げます。

皆さんが面接する際の参考にしていただければ幸いです。

行動・態度のポイント

1. 電話やメールのビジネスマナーはできているか。
2. 電話の切り方は正しいか。
3. 時間を守っているか。
4. 身だしなみは整っているか。
5. 足や腕を組んでいないか。
6. 転職を急いでいないか。
7. 視線をずらしていないか。
8. 挨拶に元気があるか。
9. 聞こえる声の大きさで話しているか。
10. 口角が下がっていないか。
11. 労働条件や自分のことから話し始めていないか。
12. 自己開示できるか。(コミュニケーションを取れるか)
13. 入室時、退室時の所作はできているか。(ドアノブを開けてから閉めるまで)
14. 相手が聞き取りやすいようにゆっくり話しをしているか。
15. 筆記用具を持っているか。
16. 頭の中で考えながら話しをしていないか。(又は質問に対して黙っていないか)
17. 転職の覚悟が決まっているか。(現状逃避が目的の転職は成功しない)

転職だからと言って特別なことをするよりも、日常の中で自分自身の強みや得意なことを磨いていきましょう!


知恵の90%は、時間について賢くなることである。
セオドア・ルーズベルト


| 2017年04月12日 08:51:53 | スタッフブログ |


あなたの面接準備は大丈夫ですか?(自己考察編)

キャリアコンサルタントから
転職・就職したいをしたい貴方への手紙

転職のヒント10

『経営者や面接官はここを見ている!あなたの面接準備は大丈夫ですか?(自己考察編)』

 
最近は、面接の為のマニュアル本や、履歴書の書き方など、様々な参考図書が出回っています。
もちろんそれを読むのも大切なことですが、車の運転免許取得と同じで、転職を成功させるためには、学科と実技の両方が求められます。

ですから、転職には履歴書の作成と併行して、面接のための周到な準備をする必要があるのです。

そして、転職活動をする中で、キャリアコンサルタントに相談する場合は、その時からすでに面接は始まっています。

面接する際に私が重点を置いて見ているポイントを下記に上げます。皆さんが面接する際の参考にしていただければ幸いです。

1. 自分の夢や目標はあるか。
2. 自分の強みはあるか。例えあっても内容に整合性が取れているか。
3. 自分の目標・夢と自分の強みを繋げた同じ軸に希望する企業(経営理念)が存在するか。
4. 自分の弱み(課題)に対しての対策があるか。
5. ブランク期間が長い場合、その間何をしてきたのか。
6. 自己啓発は何の為にしたのか。自分の弱み(課題)との整合性はあるか。
7. 退職の理由(転職の際の最大の肝)
8. 前職での実績について具体的な数字を上げられるか。
9. 誤字脱字はないか。
10. 年月日に間違えはないか。
11. 写真は貼ってあるか。(カウセリング時に忘れる方はその段階で問題)
12. 字は丁寧に書いてあるか。
13. 自分のできること、自分のしたいこと、自分がしなくてはいけないことを一つにする行動をしているか。

上記に上げたポイントを事前に見直しておくことが大切です。転職だからと言って特別なことをするよりも、日常の中で強みや得意なことを磨いていきましょう!


賢者も勇者も、歴史という名の線路の上に横たわって、未来とういう名の列車がむざむざ自分を轢いていくのを待つようなことはしない。
ドワイト・D・アイゼンハワー


| 2017年04月05日 08:51:37 | スタッフブログ |


1 2 | 3 |