やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

Webサイトの改良、そこから見えた仕事の本質

当サイトをご覧いただきありがとうございます。 

ジャジャーン! このたび「やまなし転職・就職ナビ」がリニューアルいたしました!(少しだけ ^^;)

いま「やまなし転職・就職ナビ」では、より使いやすく、よりわかりやすく、より安心してご利用いただけるよう改良を進めております。

そしてその担当者が、わたしです。
だから、「ジャジャーン!」です。

HTMLは昔少しかじった程度なので、タグの知識もあやふや、既存ページの見様見真似でなんとか変更や新規作成しています。
ますます、「ジャジャーン!」な気持ちなわけです。

こんなノリになるくらいなので作業は楽しくやっているのですが、会社の顔となる当サイトですから、本人は楽しくても会社は心許ないということで、指導アドバイスしてくださる専門家の先生をつけてくれました。

今回わたしたちの転職支援をよりわかりやすく伝えるためのページを新たに作ることにし、概ねのイメージ内容を仮作成し、先生に見ていただきました。

そして先生から、ここはこうしたほうが、あそこはああしたほうが、と、ここでは具体的には書きませんが、「さすがプロ、なるほど〜」と思うアドバイスをたくさんいただきました。

よし“完成”のイメージが見えてきた!と思ったら、先生曰く、
「作ってゴールではなく、その後、ユーザーの反応をみて、鈍ければ変え、どこを変えれば反応が変わるか見、常に試行錯誤でよりいいものしていく。作ってからがスタートです。それって楽しいですよね。就職と同じですね^-^」

本当ですねぇ。

まさに就職支援で伝えているメッセージそのものです。

たいへんな就職活動の結果、採用をもらいホッとし、それをゴールとしてしまいがち。
でも、就職活動のなかで自分が描いてきた仕事のイメージや立てた目標はそのままじっとしていれば実現するものではなく、時には大きく覆される。
だからこそ、日々のなかでの創意工夫。PDCA。
完成も終わりもなく成長し続ける。
成長しつづけることができるからこそ楽しいのだ。

新入社員研修などで伝えるのですが、その人にこういったことがストンと腹に落ちるのは、例えばWebサイトを作るなどの仕事の実践のなかで起こるのだろうな、と改めて思いました。

かといって、ひたすらパソコンに向かっていても気付きにくいもので、そこは周囲の人、出会った人も作用するでしょう。

素直に耳を傾ける姿勢がないと、作ってハイおしまいの自己満足で終わってしまいます。

今回出会った先生は、こちらが作ったものを決して否定せず、職業紹介業や転職支援について興味をもって話を聴いてくださり、わたしより遥かにお若いと思うのですが、とても柔らかい雰囲気の方で、素直に耳を傾けることができました。感謝です。

(仕事では、部下の素直さも大事ですが、上司の人柄も大事なのです。)

さて、冒頭でお伝えしたリニューアルについて少々…。

主な変更点は、求人情報が見やすくなった点です。

たとえば、以前はトップページの「新着求人情報」のお仕事No.をクリック(タップ)すると、そのお仕事のカテゴリーのすべての求人が表示されましたが、変更後は、そのお仕事No.の求人情報のみが表示されます。

ぜひご覧ください。

そして、現在作成中の新しいページについては乞うご期待!?


| 2017年09月08日 15:18:06 | 仕事 |