やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

仕事・求人はどこで探す?

転職や就職をしようと思ったとき、求人情報はどこで探しますか。
すみません、当転職サイトに訪問いただいている方には愚問だったでしょうか。

でも、意外と偏った情報で探している方が多いようです。

また、今ご覧いただいている方も含めて、有料人材紹介ってどんなしくみ?お金取られるの?と実際の利用に躊躇する方も多いのではないでしょうか。

今回は主な求人情報・人材紹介サービスについてご案内いたします。


・ハローワーク

窓口の対応は基本は紹介ですが、最近は履歴書添削など就職活動の支援にも力を入れています。相談員もキャリアコンサルタント資格の方が増えているようです。

求人は、「申込内容」が法令違反であったり不当な労働条件であったりする場合などを除いて、すべて受理しなければならないので、無料で利用できるハローワークにはいろいろな企業が申し込みます。

地元の優良企業ももちろんありますが、中には何でもいいから早く人を集めたい、なんて企業も皆無ではありません。


・求人広告

求人広告に載っている企業は怪しいですか?というご質問をたまに受けます。
もちろんそんなことはありません。

求人広告では、求職者だけでなく主婦や学生など広範囲の方々に情報提供できることが利点として挙げられます。
また、直接応募者とのやり取りになるため即効性があります。

ハローワークの求人票では表現しきれない多様な雇用体制のため、ということあると思います。
中には、労働条件をはっきりさせない「怪しい」求人もあるので、応募時は、ぜひご自身でしっかりと条件を確認してください。


・求人サイト

大手の○○ナビなど。業種・職種・地域にわたり豊富は求人情報が提供されています。
そのため条件をうまく絞り込まないと希望のものが探せない場合もあります。
私個人の経験ですが、一度登録すると条件におかまいなしに日々膨大な数のメールが送られてきます。


・人材紹介会社

非公開で求人を出したい企業が人材紹介会社を使うことが多いようです。
理由は、求人を出すことにより企業の動向・戦略を探られたくない、だれでもかれでも応募して欲しくない、採用の初期段階をプロに任せて効率を上げたい、など。
戦略的に人材確保を狙う企業が多いと思います。費用をかけるのですから当然ですね。

大手エージェントはたいてい登録型です。登録した求職者と豊富な求人企業とのマッチングを行います。
サーチ型という形式をとる人材紹介もあります。
企業側の要望に最適な人材を、登録している、していないに関係なく探し出します。

当社はサーチ型の人材紹介会社です。
企業側だけでなく、求職者の最適な職場を探すことも実践しております。
そのため求職者の方の経歴やスキルなどしっかりお話を伺ったうえで寄り添った支援が可能となります。

もちろん求職者はすべて無料です。

どのサービスが良いのかはご本人の状況、希望や経験、スキル、就職活動期間などに依ります。
ひとつだけに絞らずいくつかの方法を組み合わせてみてもいいと思います。
また、自分から「今仕事を探しているんだ」と周囲にアプローチすることもアリです(在職中の方は要注意ですが)。
ひょんなところから仕事を紹介してもらえるかもしれません。

いずれにしても積極的な姿勢が必要なのです。
ハローワークにしても人材紹介会社にしても登録しておけばなんとかしてくれるということはありません。

自分の強みや展望をしっかり持って転職・就職活動に臨みましょう。


| 2017年05月31日 08:55:10 | 求人 |


転機を迎えたら…

生きていると日々さまざまな出来事が起こります。

例えば、曲がり角で自転車とぶつかりそうになったとか、10年ぶりに友人にばったり再会したとか。
さらには、大学受験に合格したあるいは失敗した、就職した、退職した、結婚した、離婚した、こどもができた、親が亡くなったなど。

このような自分の人生に大きな変化をもたらすような出来事を「転機」といい、人生は「転機」の連続からなり、人のキャリアは、それを乗り越えるプロセスを経て形成されていく、とアメリカのキャリア理論家ナンシー・シュロスバーグは唱えます。

「転機」が訪れたとき、自分にとってどの程度の重要な意味をもつのか、影響を与えるのかを考えたうえで、上手に捉え、対処することが大事だとのことです。

先日、思いがけず体調を崩しました。5日間も寝込んでしまいました。

こんなに具合が悪いのはウン十年の人生で初めてのことですし、診察を受けても原因がいまひとつはっきりしません。

鬱々と床に入りながら、これは「転機」なのかと考えました。最近「転職」という「転機」を迎えたばかりなのに…。

ただ、転職は自分で動いた結果なので予測した転機でした。今回は普段は健康な方なので全く予測しなかった転機(になるかも)です。

転機に際して、1. 転機は自分にとってどういうものかを評価し、2. 転機への対応のために自分の性格や価値観を見つめ直し、3. 自分を支援してくれる家族や知人・専門機関を把握し、4. そのうえで転機を乗り越える戦略を立てよ、とシュロスバーグは言います。

いやはや、まだ診断もつかない状態。そんな冷静には考えられません。

体調が戻らなかったら一体どんな生活になるのだろう、病と折り合いをつけながら仕事はできるのだろうか、自分の精神状態は維持できるだろうか、せいぜいそんな不安ばかりが過るのが精一杯です。

シュロスバーグは、転機を乗り越えるために

1. 豊かな選択肢:転機を乗り切る多様な方法を知っている
2. 豊かな知識:自分自身をよく理解している
3. 主体性:転機を乗り切るための各種リソース(人脈、情報、支援…など)を主体的に活用できる

が大事だとも言います。

病気の転機は果たしてこのように冷静に乗り越えられるのか、今後の実体験による考察になるかもしれませんが(いえ、考察できないこと、つまり転機にならないことを切に祈りますが)、 転職という転機もいつ起こるかいつ起こすかわからないもの日ごろから準備が大事だということですね。

そしてキャリアコンサルティングでは、このような視点からも転職希望の方の支援を行います。

シュロスバーグさんは、転機を乗り切るための戦略を立て、そのためのリソースを強化し、行動計画を立て、転機による変化を人生に活かしていきなさい、とおしゃっているようです。

さすがアメリカの女性、強いです。


| 2017年05月24日 10:41:39 | 転職 |


面接は第一印象が勝負!

株式会社アルビスのWEB担当です。
やまなし転職・就職ナビを御覧いただきありがとうございます。

今回は、『面接は第一印象が勝負!』についてお話したいと思います。

☆第一印象を大切にしよう

面接は短い時間の中で、その人の人柄、経験、能力を見抜き採用を決めます。
採用側にとっても非常にリスクの高い、緊張する場面なのです。
では面接官はどんな点に注目しているのでしょうか?

まず大事なのが…

『第一印象』です!

人材紹介会社を対象に行われた東京ガス都市生活研究所の調査によると、面接では最初の3分間で人物面、意欲などが判断されるという結果がでています。

入室時から第一声までに第一印象が決まる→47.7%
・自己紹介からはじめの質問への応対までに第一印象が決まる→28.1%
・数回のやりとり以降で第一印象が決まる→24.2%

『第一印象』の大事なポイントは…

「身だしなみを整えて」

髪型、服装、爪、足元はチェックされています。
鏡を見て何度も確認しましょう。

「豊かな表情で」

緊張するのは当たり前ですが、その緊張感をコントロールし表現できると好印象です。

「相手の目を見て」

不自然に目をそらしたり、いろんな方向を見て話をせず、相手の目を穏やかに見て自信を持って話しましょう。

「背筋を伸ばして」

基本的なことですが、意外と難しい座り方。
まっすぐ座っているつもりでも、斜めになっていたり、背中が丸くなっている方がいます。


第一印象はあなたの努力次第でいくらでも良くすることができます。 不安な部分は周りの人にチェックしてもらいつつ、準備万端で臨みましょう!


「やまなし転職・就職ナビ」は山梨で就職をお考えのあなたと一緒にベストな職場を見つけるお手伝いをします。どうぞお気軽にご相談ください。


| 2017年05月17日 08:47:24 | スタッフブログ |


自分のことを話してみませんか?

前々回前回は長々と私の経歴を振り返りました。

決して褒められたものではない経歴ですが、あえてオープンにしたのにはいくつかの理由があります。

まずひとつめ。

人の話を読んだり聞いたりしていると、「ワタシの場合は…」とだれかに話したくなったり、少なくとも考えてみたくなりませんでしたか?

ぜひ、そうなって欲しいと思っています。

「ワタシは…」と今までを振り返ってください。

例えば、ご家族をお持ちの女性は、自分の希望に関係なく退職や転職を余儀なくされることがあります。

次に就く仕事は必ずしも自分のやりたいことで探せないかもしれません。

あるいは家族中心の時間を過ごしているうちに、自分は何がやりたいのかということを見失っているかもしれません。

そうでなくても自分の好きなことをそのまま仕事に活かすというのも案外難しいものです。

だからこそ、仕事で「何をしたいか」ではなく「どうしたいか」を考えてほしいのです。

何を大事にして働いていくか。将来どうありたいか。そのために今をどんなふうに働くか。
いわゆる仕事における価値観というものです。

それは、生まれ育った環境、影響を受けた人々や物事、うまくいったこといかなかったこと、感じた喜びや悔しさ、そういったことで形成されます。

転職や再就職を検討されて「やまなし転職・就職ナビ」を訪れてくださった方、ぜひ今までを振り返り、これからどう働きたいかを考えてください。

とはいえ、なかなか一人で考えるのは難しいですし、時間もとりにくいもの。

ですので、当社の転職相談では、いままでのことやこれからのこと、どうぞあれこれお話しください。

人に話してみて初めて見えてくる自分がいます。 具体的な就職活動はそれからでいいと思います。

どんな人が聴いてくれるの?
それが、自己紹介・自己開示の理由のふたつめです。

「相談する相手のことを少し知っているし、話しやすいな」
「ワタシを応援してくれそう」

そんなことが伝わっていれば幸いです。


| 2017年05月10日 09:53:18 | 転職 |


経営者や面接官はここを見ている! あなたの面接準備は大丈夫ですか?

キャリアコンサルタントから
転職・就職したいをしたい貴方への手紙

転職のヒント12

『経営者や面接官はここを見ている! あなたの面接準備は大丈夫ですか? (面接官からの質問編)』

前回までは、面接時の自己考察や行動・態度のポイントをお話させていただきました。

今回からは、いよいよ面接官からの質問についてのポイントを一緒に考えて参りましょう!

転職するあなたは、キャリアコンサルタントに会った時からすでに、面接は始まっています。
キャリアコンサルタントからの質問を受ける中で、本番の面接のつもりで自分と向かい合っていってください。

今回は、面接する際に私が重点を置いて見ている質問のポイントを下記に上げます。
皆さんが面接を受ける際の参考にしていただければ幸いです。

面接官からの質問に対する回答のポイント

1. 自分の強みが志望動機と整合性があるか。
2. 自分のやりたいことと自分ができることを客観的に理解しているか。(現状を把握しているか)
3. 自分のキャリアゴールを持っているか。
4. 会社の経営理念と自分の人生の夢・目標は同じ方向を向いているか。
5. なぜその会社でなくてはいけないのか。(転職する目的は明確か)
6. 自分のキャリアゴールに対して自分の課題・対策を理解しているか。
7. 希望の会社の企業理念やビジネスモデルを理解しているか。
8. 山梨県や自分の10年後を語れるか。
9. 自分の経験の中に強みを見出すことができるか。
10. 話す言葉が一般論ではなく具体的な内容になっているか。
11. 前職の会社の概要や実績を数字で語れるか。
12. 自分の好きなことと仕事に共通点はあるか。
13. 自分の短所は?また短所を改善しようとしているか。
14. 仕事での失敗は?そこから何を学んだか。
15. 学業、スポーツ、アルバイト経験から活かせることは何か。
16. 求められている職務と自分の職能のバランスは均等か。
17. 転職の過程を自分のサクセスストリーとして話せるか。
18. 前職の会社に対して感謝の気持ちを持っているか。

面接だからと言って特別なことをするよりも日常の中で自分自身の強みや得意なことを磨いていきましょう!

人生の大きなチャレンジに対して、主体的に対応する力が育成されるのは、日々の平凡な出来事の中である。
−スティーブン・R・コヴィー


| 2017年05月02日 09:03:12 | スタッフブログ |


1 |


カレンダー

<<   2020年 08月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31