やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

オンライン面接について

先日、キャリアコンサルタント同士の交流会がありました。

ご時勢で、その会では初めてのオンライン交流会でした。(zoomを使用)

オンラインといえば、転職・就職活動にあたり、オンライン面接について不安を感じている方も少なからずいらっしゃると思います。

その交流会でもオンライン面接の話になったので紹介します。

「ズバリ、実際に会うのと変わらない!」と言うのが、とある新卒採用をしているメンバーの感想でした。

結局、採用される人材は、直接でもオンラインでもわかるとのこと。

だからその方は、最終面接もオンラインでかまわないと思うし、経費も削減でき、今後もオンラインで進めていくのが望ましいと言っていました。

まあ、その方の会社は超大手メーカーなので、さんざん篩にかけたあとの優秀人材の選考ですが…。

でも、オンラインでもやはり人柄も伝わります。
また、ほどよい目に見えない距離感というのでしょうか、空間の違いですが、話が進むとむしろ応募者もリラックスして、企業や仕事への思いが素直に話せたりするようです。

オンラインの場合は、カメラの角度を気を付けたほうがいいといった話も出ました。

下から撮ると相手が自分を見上げる角度になるため、横柄な印象になるとのこと。

スマホやPCを載せる台を用意しておくとよいでしょう。

ーーー

ついでに、私がここのところオンライン面談や会議を通じて感じた、印象やマナーをお伝えします。

まず背景ですが、ゴタゴタした部屋は当然印象がよくありませんが、かといって仮想画像に切り替えると、なんとなく親近感がもてない印象でした。

カーテンを引いたりするのが無難ですが、お気に入りの絵がかかっている壁なども自分らしさがアピールできると思います。

個人的な感想で、先ほどの交流会メンバーの一人が、書斎と思われる部屋の壁面いっぱいの蔵書をバックにしていて、かっこよかったです。

続いて、照明スタンドを用意して、顔が明るく映るようにしましょう。

顔が暗いと具合がわるそう、不機嫌そう、さらには老けてみえる感じがします。

それから声もしっかり張りましょう。

自宅だと、なんとなくトーンを落としぎみですが、印象も暗いですし、相手が聞き取りにくかったります。

少なくとも、いきなり話し出すのではなく、まずは「こちらの音声は大丈夫でしょうか?」といった相手への配慮が必要です。

オンラインの操作が慣れてきたら、相手が会社の説明をしている間はこちらはミュートにする、といった細かな配慮も効果的です。

ただし、聞こえている・理解しているというあいづちは、相手にわかるようしっかり見せましょう。

ーーー

と、ここまでオンライン面接のアドバイスを書きましたが、山梨県内の中小企業では、オンライン面接を導入しているところはそれほど多くないようです。

したがって、面接時のマスク着用の有無のほうが、みなさん心配かもしれませんね。

これについては、また別の機会があれば投稿します。

ーーー

県内ではオンラインはまだ少ないとはいえ、時代の流れは確実にその方向に向かっています。

苦手だとか、心が通わないとか、理由を言って避けていると取り残されてしまいます。

オンライン飲み会などで、慣れておくのもよいかもしれませんね!

当社の面談は、緊急事態宣言解除後より、県内の方には来社いただいていますが、感染予防も含めてオンライン面談を希望する方には応じておりますので、遠慮なくお申し出ください!


| 2020年06月19日 16:24:42 | 転職 |


履歴書・職務経歴書のご提出について

全国の緊急事態宣言が解除されてしばらく経ちましたが皆さまの生活・お仕事はいかがでしょうか。

アルビスでは、緊急事態宣言中も多くの方から転職サービスの申し込みを受け付けました。

通常は、申込された方にはまずは「お会いしてお話を聴かせてください」というメールをお送りいたします。
しかし、さすがに宣言中は、感染拡大抑止のため、「お電話でお話を聴かせてください」と切り替えていました。

直接お会いさせていただくときは、その際に書類(履歴書・職務経歴書)をお持ちいただいております。

しかし、電話やオンライン面談の際は、当社の「個人情報の取扱いについて」の同意文書をお送りしたうえで、事前に書類をお送りいただくようお願いしております。

ただ、これが皆様にとってご不安な点が多いのか、お送りいただけずにご連絡が途絶えてしまう方が数多くいらっしゃいました。

個人情報が他人にさらされる脅威と常に隣り合わせのネット社会において、みなさんが個人情報を見ず知らずの者に送ることに躊躇されるのは仕方ないことだと思います。

***

当社は地元密着の小さい会社です。

扱う求人は、山梨県内企業の経営者や幹部クラスの方から直接依頼されるものも多く、求人申込書に書き込む項目だけでなく、会社の実情、課題、展望なども伝えてこられます。

それゆえ、わたくしどもは求職者の方がお申込みされた求人にマッチするかを、単にデータではなく、求職者の方のお人柄、経験、想い、夢なども含めて検討させていただきます。

したがってお電話でご希望求人をうかがって、ハイ紹介、はありえません。

書類も拝見しながら、求職者の方をより理解しようと努めております。

***

当社はこの3月に職業紹介優良事業者に認定されました。

認定のための審査項目にも「履歴書や職務経歴書の提出を求めて求職者の理解を深める」というのがあります。

いきなり書類を求めるのは、決していかがわしい行為でないことをご理解いただければ幸いです。

もちろん審査には、個人情報の取扱いについて厳しくチェックされますので、その点においても当社は審査をクリアしたことを知っていただき、ご安心いただければと思います。

***

6月より県内の求職者の方とは直接お会いする面談方式を再開します。

しかし県外(とくに首都圏)からのUターン、Iターン希望の方との直接の面談は、まだ慎重にしなければいけないと考えております。

それゆえ、しばらくは県外の皆様に、電話もしくはオンライン面談前に事前書類提出をお願いしますが、どうぞご理解いただきたく存じます。

こちらからのファーストコンタクトメールの文面も見直さなければならないのかもしれませんね。

メールでの顔の見えないやり取り、いつも課題に感じています。

加えて新しい生活様式でのマスク着用やオンラインでのやり取りが当たり前に向かうなか、信頼を得るためのコミュニケーションはますます奥が深いと感じる今日この頃です。



| 2020年06月01日 15:09:25 | 転職 |


1 |


カレンダー

<<   2020年 08月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31